1. トップ
  2. 製品情報
  3. その他直線運動案内
  4. ユーティリティスライド

ユーティリティスライド

ユーティリティスライドUGRは、住宅機器やオフィス機器などの多種多様な
用途に使用されています。
スリムなボディーで大きな荷重を受けられ、装置のコンパクト化や自由度の高い設計を可能にします。

種類

特長タグをハイライトする

  • コンパクト
  • サーキュラーアーク溝
UGR形
  • コンパクト
ATG形
  • サーキュラーアーク溝

特長

安定した動き

ボール循環方式による転がり案内を採用。

組付けが容易

ボルト固定で組付けが可能。すきま調整も不要なため、作業時間を大幅に短縮。

コンパクト・高負荷対応

高さ20mm、幅32mmのコンパクトサイズでスライダ1個の許容荷重は3430N(ラジアル方向)。
スライダの個数は仕様に応じて自由に選択でき、レール長さは最大で2960mmまで製作可能。

あらゆる方向の荷重に対応

水平・立・斜め・壁掛け・吊り下げなどのあらゆる取付け姿勢で使用できます。

構造

ユーティリティスライドUGRは、住宅機器やオフィス機器などの多種多様な用途に使用されています。
スリムなボディーで大きな荷重を受けられ、装置のコンパクト化や自由度の高い設計を可能にします。

ユーティリティスライドのメリット

ローラー案内との比較
許容荷重 すきま調整
ローラー案内 ローラー案内本体の
大きさに対して許容
荷重が小さい
すきま調整が難しく、
動きが重くなったり、
ガタが大きくなって
しまう。
ユーティリティ
スライド
UGR
許容荷重が大きく、
コンパクトな設計が
可能
すきま調整は不要。
( 調整済:最大ラジアルすきま+0.05mm)

用途例

店舗

福祉機器

その他施設

住宅

オフィス