LMストローク

ST形は精密に研削された円筒形の外筒内部に、ボールケージとボールが組込まれています。ボールの配置は荷重を均等に配分負荷できるように千鳥に配列されています。ボールケージは軽量で剛性の高い軽合金のもみ抜きケージを採用し、高速運動にも十分追従することができます。また外筒内径の両側面には、スラストリングと止メ輪が組付けられており、ボールケージのオーバーランを防止します。
この構造により、小さな摩擦係数で回転運動と往復運動および複合運動ができます。ストローク長さはボールケージが外筒内で移動できる範囲の2倍まで得られます。
低価格で高精度が得られるため、プレスダイセット、印刷機械のインクロール部、パンチングプレスワークチャック部、プレスフィーダ、放電加工機のワークヘッド、巻取りロールの修正装置、紡織機、歪測定装置、光学測定器スピンドル、各種複写機など広範囲に利用されています。
MST形は、STシャフト・ボールケージ・外筒より構成されており、仕様に応じてこれらを自由に組合わせられます。断面形状が小さくすきまが最小におさえられ、動きが極めて軽くなめらかなため、光学測定器スピンドル、ペンプロッタ、OA機器、コンピュータ端末機器、自動ハカリ、デジタル測長機、ソレノドバルブなど各種の小型精密測定器に使用することができます。
KS/BS形は、軽量で剛性の高いケージに、JIS B 1501に規定された精密スチールボール(真球度、相互差:0.0005mm)が数多く組込まれています。ボールはボールケージの円周にら旋状に配列されており、各ボールの軌道が重複しないように設計されているので、長期にわたり摩耗せず、高精度で長寿命を得ることができます。また、ボールを保持しているボールポケット部は精密仕上げ後、独特な連続カシメ方式によりボールの脱落を防止しているので、ハウジングよりボールケージを長くして使用してもスムーズな動きが得られます。精密プレスダイセット、紡織機械、精密測定器、自動記録装置、医療機械、各種工作機械などに使用されています。

種類

特長タグをハイライトする

  • 高精度
  • 軽量
  • コンパクト
  • 低摩擦(その他直線案内運動)
  • 高耐久
  • ダイセット用
ST形
  • 高精度
  • 低摩擦(その他直線案内運動)

軸径Φ: 6,8,10,12,16,20,25,30,35,40,45,50,55,60,70,80,90,100

ミニチュアストローク MST形
  • 高精度
  • 低摩擦(その他直線案内運動)
  • コンパクト
  • 高耐久