1. トップ
  2. 製品情報
  3. その他直線運動案内
  4. クロスローラーテーブル

クロスローラーテーブル

クロスローラーテーブルは、高精度に加工されたテーブルとベースの間に、クロスローラーガイドを組込んだ高精度でコンパクトな、剛性の高い有限直線案内ユニットです。
VRU形とミニチュアタイプのVRT形があり、OA機器および周辺機器、各種測定器、プリント基板穴あけ機などのスライド部で広範囲に使用されています。

種類

特長タグをハイライトする

  • ミニチュア
  • 高耐食

特長

構造と特長

クロスローラーテーブルは、高精度に加工されたテーブルとベースの間に、クロスローラーガイドを組込んだ高精度でコンパクトな、剛性の高い有限直線案内ユニットです。
VRU形とミニチュアタイプのVRT形があり、OA機器および周辺機器、各種測定器、プリント基板穴あけ機などのスライド部で広範囲に使用されています。

簡単な取付け

高精度に加工されたテーブルとベースの間にクロスローラーガイドが組込まれているため、ボルトで取付けるだけで高精度の直線案内機構が得られます。

大きな許容荷重

定格荷重の大きいローラーが細かいピッチで組込まれているため、重荷重に耐えられる剛性の高い直線案内機構を構成し、長寿命が得られます。

多種多様な使用方法

ローラーを交互に直交させて配列してあるので、テーブルに作用する4方向の荷重が均等に負荷できます。( 図2 参照)

図2 負荷方向

優れた耐食性

VRT-M形、VRT-AM形のベースおよびテーブルはステンレス鋼を使用しています。また、レール、ローラー、ローラーケージおよびねじ類もすべてステンレス鋼を使用しているため、十分な耐食性を備えています。
なお、VRU-M形のベースおよびテーブルはアルミ材を使用しています。

VRT形

VRT-A形

VRU形