1. トップ
  2. 製品情報
  3. LMガイドアクチュエータ

LMガイドアクチュエータ

LMガイドアクチュエータはLMガイドとボールねじを一体化した、高剛性、高精度、コンパクトなアクチュエータです。
LMガイドアクチュエータを採用することで部品点数と設計工数の削減が実現できます。

特長

構造と特長

LMガイドアクチュエータSKR、KR形は、高剛性なU字形断面形状のアウタレールと、両側面にLMガイド部、中央にボールねじ部を一体構造としたインナブロックにより、最小のスペースで、高剛性、高精度なアクチュエータ機能をもっています。
また、ハウジングA/Bがサポートユニット、インナブロックがテーブルの役目も兼ねているので設計および組立ての工数を大幅に削減することが可能となり、トータルコストの低減に寄与します。SKR形はLMガイド部、ボールねじ部にボールリテーナを採用することにより、従来のKR形と比べて高速性・低騒音・長期メンテナンスフリー等を実現します。(SKR20、26形はLMガイド部のみにボールリテーナを採用し、ボールねじ部には潤滑装置QZが装着されています)

4方向等荷重

インナブロックに作用する4方向(ラジアル方向・逆ラジアル方向・横方向)の荷重に対して同一定格荷重となるように、各ボール列を接触角45°で配置されているので、あらゆる姿勢での使用が可能です。

高精度

直線案内部は、予圧を与えても軽く動く4列サーキュラーアーク溝のため、すきまがなく高剛性の案内が得られます。また、負荷の変動による摩擦抵抗の変化は最小におさえられ、高精度送りに追従します。

高剛性

U字形断面形状のアウタレールの採用により、モーメントやねじりに対しての剛性が向上しました。

表1  アウタレール断面特性

呼び形番

IX[mm4]

IY[mm4]

質量[kg/m]

SKR20

6.0 × 103

6.14 × 104

2.6

SKR26

1.66 × 104

1.48 × 105

3.9

SKR33

5.35 × 104

3.52 × 105

6.1

SKR46

2.05 × 105

1.45 × 106

12.6

SKR55

2.07 × 105

2.09 × 106

13.2

SKR65

4.51 × 105

5.73 × 106

22.1

KR15

9.08 × 102

1.42 × 104

1.04

KR20

6.1 × 103

6.2 × 104

2.6

KR26

1.7 × 104

1.5 × 105

3.9

KR30H

2.7 × 104

2.8 × 105

5.0

KR33

6.2 × 104

3.8 × 105

6.6

KR45H

8.4 × 104

8.9 × 105

9.0

KR46

2.4 × 105

1.5 × 106

12.6

KR55

2.2 × 105

2.3 × 106

15.0

KR65

4.6 × 105

5.9 × 106

23.1

lX=X軸まわりの断面2次モーメント
lY=Y軸まわりの断面2次モーメント